医学部専門の予備校の指導方法とメリット・デメリットとは

最近は医・歯学部の人気が高くなった

最近は医・歯学部の人気が高くなったため、私立大学を選択する場合でも偏差値が60以上なければ入学試験に合格することができません。
私立大学の医学部に合格するためには早稲田や慶応などの一流私立大学を合格することができる学力が必須で、これに加えてそれぞれの大学の入試問題に応じた受験対策が必要です。
国公立大学の場合は更に難易度が高く、地方の総合大学を選択する場合でも東大や京大の他の学部に合格できるぐらいの学力が求められます。
医・歯学部に合格するためには、他の学部とは比較にならないほど高い学力が求められます。
このため最近は、医・歯学部の進学を目指す受験生の多くが医学部専門の予備校を利用しています。
医学部は他の学部よりも偏差値が高いため、基礎学力に加えて大学ごとの出題傾向に合わせた受験対策が必要だからです。
特に国公立の単科大学では二次試験の入試問題で見慣れないような“奇問”が出題されるケースがあり、大学ごとに入試問題に特化した受験対策が必要です。
医学部専門の予備校の授業は、集団指導方式と個別指導方式の2種類に分けられます。
集団指導方式の学校では模擬試験などの成績を基にクラス分けが実施され、他の多くの受講生と一緒に講義を受けます。
学期ごとに、クラスが再編成されることがあります。
ただし一般的な予備校のように1クラスあたり50人とか100人などのように大人数ではなく、10〜30名程度の小規模なクラスに分かれて講義が実施されます。

最近は医・歯学部の人気が高くなった集団指導方式と個別指導方式のメリット・デメリット集団指導方式と個別指導方式の学費