医学部専門の予備校の指導方法とメリット・デメリットとは

集団指導方式と個別指導方式の学費

医学部 予備校大阪の医学部予備校徹底比較ランキング!

最近は医・歯学部の人気が高くなった集団指導方式と個別指導方式のメリット・デメリット集団指導方式と個別指導方式の学費

マンツーマン方式によりきめ細かな指導を受けたり実力相応の学校を選ぶことができることから、集団指導方式の授業を受ける場合よりも合格率が高くなります。
個別指導方式のデメリットは、友人やライバルがいないことです。
ライバルがいないので緊張感を保ちにくく、講師の先生に甘えてしまうことがあります。
受験に関する情報についても講師の先生に教えてもらうか、自分で調べなければなりません。
個別指導方式の予備校を利用する場合には、学費が高額になってしまうというデメリットもあります。
学校によって学費が異なりますが、完全個別指導方式だと年間あたり1千万円前後の授業料が必要になるケースも珍しくありません。
親の病院を継ぐ場合などのように、是が非でも医学部に合格したい場合に個別指導方式の授業を利用することができます。
一般的な予備校であれば年間あたりの学費は50〜70万円ですが、医学部専門の学校であれば集団指導方式でも300万円前後の費用がかかります。
個別指導方式で授業を受けると、年額1千万円を超えるケースもあります。
他の学部よりも学費が高額な理由は、高額な学費をかけても授業料が安い国公立大学や一部の私立大学に入学をするだけの価値があるからです。
医師・歯科医師の免許を取得するためには、最低でも6年間にわたり大学に通って勉強をしなければなりません。
国立大学であれば入学金・授業料は他の学部と同じなので6年間のトータルのが学費は350万円程度ですが、私立大学だと卒業するまでに2千万円〜5千万円もの費用がかかります。
順天堂大学や慶応大学であれば2千万円ほどですが、川崎医科大学だと5千万円近くもかかってしまいます。
最終的に取得する免許は同じですが、大学ごとに学費に大きな差があります。
このため仮に1千万円の個別指導方式の予備校を利用したとしても、授業料が安い国公立大学や一部の私立大学に入学した方がトータルの費用が安くなります。