医学部専門の予備校の指導方法とメリット・デメリットとは

集団指導方式と個別指導方式のメリット・デメリット

これに対して個別指導方式の授業であれば、1人の学生に対して講師の先生が1人で対応します。
室内はパーテーションなどで個別のブースに分けられていて、マンツーマン方式で授業が進められます。
個別指導方式の授業であれば本人の学力レベルや志望校に合わせたきめ細かな指導ができるので、効率的に受験勉強を進めることができます。
集団指導方式のメリットは、友人と一緒に勉強ができることです。
ライバルがいるので緊張感を保つことができますし、授業で理解できなかった点などを教え合うことも出来ます。
友人から志望校や受験に関する情報を入手することも可能です。
集団指導方式の方が個別指導よりも学費が安いというメリットもあり、年間あたりの授業料を節約したい方に向いています。
集団指導方式の講義だと、講師のペースに合わせて勉強を進めなければならないというデメリットがあります。
苦手な科目・分野であればついて行くのに苦労しますし、逆に得意科目であれば退屈に感じてしまいます。
これに対して個別指導方式の一番のメリットは、学生の学力や得意・不得意分野に合わせてきめ細かな指導を受けることができることができることです。
授業のペースや内容を受験生に合わせてくれるので、不得意科目・分野を克服することができます。
得意分野についてもハイペースで進めてもらえるので、効率的に受験対策を進めることが可能です。
学校によっては、得意科目の講習を受けないようにカリキュラムを組むこともできます。

ほとんどの大人に反対される考え

学生時代にやっておいたほうがいいと思うこと
「働いてお金を稼いでためておくこと」

学生時代はお金使ってオイタしても親に怒られたりで悲惨なことにはならないけど、医者になって急にお金もつようになると散財したり投資話にひっかかったりする人も少なくない

— 医学部予備校ACE Academy (@aceacademy9) 2018年10月11日

最近は医・歯学部の人気が高くなった集団指導方式と個別指導方式のメリット・デメリット集団指導方式と個別指導方式の学費